• HTC e-shop

HTC NIPPON、VR空間を動き回れる世界唯一*のモバイルVR端末「LINK」を発表。「攻殻機動隊ARISE」ともタイアップ!

VR空間内を動き回れる性能をスマートフォンに接続するモバイルVR端末として実装。 また、最先端技術で未来を切り開いていくHTCと、同じく未来を精緻に描きだしてきた 攻殻機動隊とがタイアップ。HTC U11、LINKを合わせてプロモーションで広めていく。


HTC NIPPON株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 児島 全克、以下 HTC)は本日、同社の新たなVR端末「LINK」を発表しました。VR空間内で動き回れる性能(以下、6DoF対応)を、スマートフォンと接続してお楽しみいただける、世界唯一のモバイルVR端末です。5月16日に発表した同社の2017年夏フラッグシップモデル端末「HTC U11」に接続することで、より手軽にHTCが開発した先端技術に基づいた様々なエンターテインメントをお楽しみいただけます。「HTC U11」と同様に通信キャリアを通じての販売(アクセサリとして別売 ※価格未定)を予定しており、さらにお客様にお求めやすい販売方式を実現いたしました。これまでHTCで培ってきたVRコンテンツを「LINK」に向けて展開予定です。
※スマートフォンに接続し、VR空間内で動き回れる6DoF対応モバイルVR端末として。

(HTC調べ:2017年4月30日時点)

※参考:「LINK」と接続可能なHTCのフラッグシップモデル「HTC U11」(2017年5月16日発表)

○世界唯一の6DoF対応モバイルVR端末が実現する、圧倒的な臨場感のVR体験

2017年5月16日に発表したHTCのフラッグシップモデル「HTC U11」と専用VRヘッドマウントディスプレイ「LINK」(別売)をUSB Type-Cで接続することで、世界唯一のVR空間内に身体ごと没入できる(6DoF対応)の圧倒的な臨場感のモバイルVR体験を提供します。HTC U11の優れたパフォーマンスによって、スマホ端末に接続するだけで、お手軽に6DoF対応のVR体験が楽しめます。また、高性能なCPUとVRレンズを搭載することで、VR視聴画面と体の動きを瞬時に同期することが可能となりました。VR画面とお客様の視野との齟齬が削減されることで、視聴・体験が楽になり、長時間にわたってお楽しみいただけます。さらに、これまでHTCが培ったVRコンテンツを、LINKに順次展開し、幅広いお客様にお楽しみ頂けるようになります。LINK製品ページは下記の通りです。
http://www.htc.com/jp/virtual-reality/link/

○独自の世界観、未来を精緻に描いてきた、世界的コンテンツ「攻殻機動隊ARISE」とのタイアップ

2007年既存のスマートフォン主流の操作方法「タッチスクリーン技術」、2008年には世界初のAndroid端末「HTC Dream」、そして2016年には民生用VR端末として初の6DoF対応の「VIVE」を開発するなど、常に最先端技術で未来を現実のものにしてきたHTCが、そのイノベーションへの思想と、攻殻機動隊が描く電脳化・義体化・電脳空間など、近未来を精緻に表現した世界観との高い親和性から、今回のタイアップが実現しました。今後、「HTC U11」および「LINK」の発売に合わせて展開する、コラボレーションコンテンツをお楽しみください。
本プロモーションでは、新規に描き下ろした「攻殻機動隊 ARISE」のメインキャラクターである草薙素子(くさなぎ もとこ)、荒巻大輔(あらまき だいすけ)、バトー、トグサのイラストを用いたキービジュアルを作成し、「HTC U11」ならびに「LINK」の製品特徴をお伝えしていきます。
上記のほか、「攻殻機動隊 ARISE」とコラボレーションした「HTC U11」特設ウェブページを本日21時より設置し、コンテンツを順次公開します。コンテンツの1つである「HTC U11×攻殻機動隊 ARISE」ティザー動画を、6月から公開する予定です。特設ウェブページのURLは下記の通りです。
http://www.htc.com/jp/htc-u11-special/ ※5月25日21時より開設


別紙 「HTC U11」「LINK」とのマスターキービジュアル(制作:プロダクションI.G)

作画  黄瀬 和哉
仕上  茂木 早誉
撮影  田中 宏侍

攻殻機動隊について

「攻殻機動隊」は1989年漫画家・士郎正宗氏によって漫画として発表されました。インターネットが普及する以前の1980年代後半において現在起こっているサイバー犯罪の多くを描き、その作品が描く未来社会像は当時大きな衝撃を与えました。2029年、急速にネットワーク化が進む社会において犯罪を未然に阻止する攻性の組織「公安9課」が本作の主人公、通称「攻殻機動隊」です。「攻殻機動隊」リーダー草薙素子が、メンバーとともに果敢にサイバー犯罪に挑んでいく作品であり、その後も、劇場版映画、TVアニメ・小説・ゲーム・演劇と継続的に作品が公開され、国内外を問わず幅広い年代の人々に支持されている作品です。今回タイアップする「攻殻機動隊ARISE」は黄瀬和哉を総監督に迎え、ストーリー構成は沖方丁が担当し、全国劇場公開された全4部からなるアニメーション作品です。攻殻機動隊結成前夜を描いたストーリーであり、若き日の草薙素子がいかにして攻性の特殊部隊=攻殻機動隊を創設するに至るかが描かれた、2013年にborder:1 Ghost Painを皮切りに順次、4作が公開され、2015年にはTVシリーズ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」も放送された人気作となっています。

LINKのスペックについて

LINK 製品スペック    
ヘッドマウンドディスプレイサイズ 約197.69mm(幅) x 116.61mm(高さ) x 167.33 mm(奥行)
ヘッドマウントディスプレイ重量 560g *USB(Type-C)Yケーブル含む
視野角 約110度
ヘッドマウントディスプレイ搭載バッテリー 約2,800mAh
ディスプレイ 約3.6インチ アモレッド X 2
(各1080 x 1200 ピクセル、 90Hz リフレッシュレート)
外部接続 USB(Type-C) Yケーブル、3.5mm オーディオジャック
同梱品 ステレオカメラ 1台
6DoFコントローラ 2台
HMD用LEDマーカー 1台
コントローラ用ストラップ 2本
アルカリ単4電池 4本
イヤホン 1台
対応機種 HTC U11


※最新情報はLINK製品ページを参照ください。:http://www.htc.com/jp/virtual-reality/link/
※「Android」は、Google Inc. の商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

HTCについて
1997年に設立されたHTC Corporationは、受賞歴を持つモバイルデバイスの数々や、世界初・業界初のモバイルデバイスを多数開発。常にコンセプトの中心に「人」を据えることで、デザインやテクノロジーの限界を超え、世界中のユーザーにとって革新的な体験を創造します。HTCの製品ポートフォリオには、HTC Sense®のユーザーエクスペリエンスに支えられているスマートフォンやタブレットなどがラインナップ。本年度には設立20周年を迎え、今後も人々のライフスタイルに寄り添う製品を展開していきます。台湾証券取引所 (TWSE) 上場 (2498)。詳しくは www.htc.com をご覧ください。また、HTC NIPPONに関する情報は、www.htc.com/jp をご覧ください。

本製品及び報道関係に関するお問合せ
HTC PR事務局 担当:川田、伊郷、江島
TEL:03-3511-3080 /E-mail:htc@ozma.co.jp

ご掲載の際の読者お問い合わせ先
HTCサポートセクション TEL:‎0800-000-0117 (平日‎9:00-17:00まで)