HTC ニュースルーム

企業の責任

HTC®では、人、私たちが事業を営むコミュニティ、そして環境を尊重しながら、責任ある態度で革新的な製品を作り出すことに真摯に取り組んでいます。私たちの企業の責任に関する世界的な基準と持続可能性の目標は、以下を達成することを目的としています。

  • 社員が成長する、持続可能で働きがいのある職場環境を創造する
  • 製品を市場化するにあたって環境への影響を最小化する
  • 環境への影響を最小限に抑えた責任あるサプライ チェーンと、期待される企業基準と社会基準を支援および遵守する製造サプライヤー基盤を維持する

私たちの事業の成功と技術革新の能力は、私たちの最も重要な資産である私たちの社員の幸福に直結しています。私たちが責任感あふれる公正で倫理的な事業習慣を遵守する努力を行う中で、私たちの会社の特徴と、持続可能で働きがいのある職場環境を創造する能力は、社員一人一人の誠実さと公正さによって定義されます。

  • 人権

    私たちは、すべての社員の人権の基本的な原則を守ることに真摯に取り組んでいます。特に、工場で働く社員に関しては、私たちは国連世界人権宣言に規定された原則に基づき、人権の保護と維持に配慮します。私たちの社員、顧客、サプライヤーとの関係、および私たちが事業を行う国やコミュニティとの関係は、ここに規定・言及された原則を反映しています。また、私たちは自由意思による雇用を促進し、ハラスメントや差別を禁止します。

    労働時間

    私たちは、社員に対し、現地の労働習慣と調和した、バランスの取れた労働スケジュールを提供します。工場で働く社員に関しては、過剰な残業を制限するため、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition) で定める基準に従います。製造サプライヤーは、サプライヤー行動規範に従うこと、また7日間で最低24時間の継続的な休息を労働者に与えることが求められます。

    健康と安全

    私たちは、社員のために健康で安全な作業環境を創造することに尽力します。たとえば、工場で働く社員は業務に必要な健康と安全に関するトレーニングを継続的に受けます。また、製造施設は、適切な設計、エンジニアリングと運営管理のコントロール、予防保全、安全な作業手順の策定によって、厳密に管理されます。査察は定期的に行われます。

    私たちの健康と安全のガイドラインは、最新の健康と安全の条件を反映させるために毎年更新されます。このガイドラインには、危険物の管理や職場でのけがと危険物を減少させる方法などが含まれます。業務上の健康および安全管理システムに関してOHSAS18001:2007の認証を受けた当社は、反復運動によるけがのリスクを軽減するため、工場の一部の組み立てプロセスにおいて、自動化の実装も進めています。

    健康と安全のガイドラインの主な要素:

    • 職場における健康と安全のリスクを軽減するため、適切なコントロール、安全な作業手順、予防保全、安全装置、その他の予防的手段を提供する
    • 緊急時に対応するためのトレーニングを社員に施し、緊急事態発生時に社員に通知し、社員を避難させるための、緊急時対応ポリシーを策定する
    • 工場で働く社員に、会社が主催する健康維持プログラムへの参加を促す。私たちの台湾と中国の製造施設では、現在、スポーツジムのメンバーシップ、施設内での健康相談、健康診断サービスを提供しています。

    差別とハラスメントの禁止

    多様性は、顧客、コミュニティ、パートナーの変化するニーズに対応することを可能にする、私たちの世界的な企業文化の中心となる価値の1つです。私たちは機会均等雇用主であり、雇用や人事において、人種、性別、年齢、身体的/精神的障害、宗教、国籍または該当する法が保護するその他の特徴に基づき差別を行うことはありません。

    児童就労の禁止

    児童就労は非常に深刻な問題であり、自社および製造サプライヤーの製造施設で未成年が就労することを防ぐため、私たちは予防手段を講じています。現地のすべての労働法と要件を満たすため、雇用において年齢の証明を要求しています。製造サプライヤーに対するサプライヤー行動規範においては、あらゆる形態の不公正な労働習慣を制限しており、すべての工場従業員が法的な労働年齢に達していることを明示的に要求しています。また、定期的に就労監査を行い、公正な労働習慣に関する私たちの期待を製造サプライヤーに伝えています。

環境

私たちは、環境への影響を最小化し、持続可能なフットプリントを開発するため、エネルギー消費量の削減、廃棄物の除去、材料の再利用を行うための革新的な方法を継続的に探し求めています。

  • エネルギーの使用と排出

    排出量を下げ、カーボン フットプリントを軽減するため、私たちは非常に短いサプライ チェーンを保持しています。サプライヤーの工場のほとんどは、台湾の桃園と中国の上海にある当社の主要製造施設の近くに位置します。私たちのエンジニアと設計者は、エネルギーをより効率的に使用するデバイスの設計に注力しています。また、製造サプライヤーにサプライヤー行動規範の基準を満たすことを求め、サプライヤーの監査において環境面での業務習慣を調査します。また、私たちは、ISO 14064-1基準に準拠して、温室効果ガスの発生源と排出を監視しています。

    危険な物質と材料の管理

    廃棄物、化学物質、その他の材料の適切な管理は、環境を保護し、工場従業員の健康と安全を確保するために非常に重要です。私たちは、製造サプライヤーに対し、該当する法律や、RoHS(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment: 電気・電子機器含有特定危険物質使用制限指令)などの業界規格を遵守することを要求します。私たちは、廃棄物質の適切な管理とコントロールを実現するため、サプライヤー遵守監査、工場査察、化学物質と廃棄物質の安全な処理と保管など、さまざまなプログラムを用意しています。また、環境上の問題がある物質を削減または除去するため、サプライ チェーン全体で化学的および物理的な分析と文書を活用した査察システムを採用しています。

    再利用とリサイクル

    私たちの廃棄物削減は、調達時における廃棄物削減から始まります。私たちは、製造プロセスから生まれる産業廃棄物の量を削減し、資源のリサイクルを促進することに取り組んでいます。この取り組みにより、私たちは年間平均60%の製造廃棄物リサイクル率を維持しています。HTCの主要オフィスでは、段ボール箱、コンテナ、プラスチック パッケージなどのすべての梱包材と廃棄物資とは、リサイクルのために別々に回収されます。また、米国において消費者が再利用・リサイクルのために使用済み電子デバイスを無料で返品できるテイクバック プログラムを実施したり、販売パッケージからデバイス充電器を取り除くパイロット プログラムを導入するなどして、廃棄物を削減する方法を模索しています。

    環境の管理とレポート

    私たちは、環境に対する影響を継続的に最小化し、該当する法律、規制、環境基準を遵守するため、ISO 14000シリーズの認証を取得しています。以下のような認証があります。

    • ISO 14001:2004は、廃棄物管理費用の削減やエネルギーと材料の消費の節約を含む、環境管理システムの基準を定めます。
    • ISO 14064-1:2006は、温室効果ガス目録の設計、開発、管理、レポート、検証に関する要件を含む、温室効果ガスの排出と除去をレポートします。
    • ISO 50001:2011は、エネルギー効率化手段の法的要件とベスト プラクティスを含む、エネルギー節約の継続的な改善を促進します。
    • IECQ QC 080000 HSPMは、法律や業界規格への準拠や環境への影響の最小化を含む、危険物を含まない製品設計と製造プロセスを維持します。

サプライ チェーン

当社と取引する条件として、人、健康、安全、環境に関して、HTCのサプライヤー行動規範の原則を順守することを製造サプライヤーに求めています。詳細は、サプライヤー行動規範をダウンロードしてください。行動規範が遵守されていることを確認し、行動規範に違反する恐れがあると見なされたサプライヤーを厳密に監視するため、私たちは定期的に製造サプライヤーの監査を実施します。

  • サプライヤー行動規範

    HTCのサプライヤー行動規範(以下、「本規範」といいます)には、製造サプライヤーに向けて、私たちの企業としての責任および社会的な責任の要件を記載します。HTCと取引する条件として、私たちの製造サプライヤー(およびそのサプライヤー)は、これらの要件を認識して実施し、責任ある業務習慣を実現することが求められます。私たちは、こうした要件への準拠を定期的に評価し、パートナーを選択するにあたってこれを考慮に入れます。

    本規範に記載された労務、環境、健康と安全、倫理に関する要件は、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)、国際連合、ILO(国際労働機関)が定める国際的に認められた水準を満たしています。本規範には以下が含まれます。

    • 労務と人権。児童就労と強制労働の防止、公正な処遇、結社の自由、法規制の遵守を含む。
    • 健康と安全の習慣。緊急事態への準備と計画や業務上の安全ポリシーを含む。
    • 環境ポリシー。公害の防止、廃棄物管理、法規制の遵守を含む。
    • 倫理と整合性。紛争と無縁の鉱物調達ポリシー、プライバシー、公正な業務慣習を含む。
    • 管理システム。法規制の遵守、監査と評価、文書化を含む。

    サプライヤー監査プログラム

    製造サプライヤー監査は、サプライ チェーンの整合性を保証するための非常に重要な要素です。このため、私たちは監査プロセスを積極的に管理し、製造サプライヤーを現地訪問する専任のサプライヤー監査チームを配して、サプライヤーが現地の法的要件と私たちのサプライヤー行動規範を遵守していることを確認します。サプライヤー監査チームは、労務、環境、健康、安全への準拠など、製造サプライヤーを定期的に監査する責任を負います。私たちは、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)によって定められた電子企業のガイドラインなど、業界で認められ、国際的に受け入れられた水準に従います。準拠に問題があると識別されたサプライヤーにはその情報が通知され、識別された問題に対処する改善計画の策定が直ちに課せられます。

    責任ある調達

    私たちの調達ポリシーでは、製品に使用する原材料が、私たちの環境および倫理ポリシーに合致した責任ある方法で採掘、処理、製造されることを要求します。電子業界での紛争鉱石の使用は大きな問題です。EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)のメンバーとして、私たちはEICC行動規範を採用します。この規範では、製品で使用するタンタル(コルタンとも呼ばれます)、すず、タングステン、金が、コンゴ民主共和国と周辺地域で人権侵害を犯す武装勢力を利することがないように定める調達ポリシーを採用することを参加企業に求めています。追跡可能性を確保することが困難であるため、HTCではコンゴ民主共和国と中央アフリカ地域での鉱物の調達を一切停止しています。HTCと取引を行う条件として、サプライヤーは私たちの責任ある調達のポリシーを理解し、これに同意する必要があります。サプライヤーの鉱物調達業務は、サプライヤー監査プログラムによって調査されます。

コミュニティ

善良な世界市民への道は、善良な現地市民となることから始まります。私たちは、学問/教育、環境保護、文化/芸術、ボランティア活動など、コミュニティのさまざまなプログラムをサポートします。次のような例があります。

  • 台湾では、HTC基金を通じ、市民参加を促す努力の一環として、子どもや若者の人格形成プログラムやクラスを本社の社員が支援しています。2008年以来、HTC基金のパンシー(「基盤」の意)教育プロジェクトにおいて、台湾の100の学校および68,000人の教師と生徒に対し、合計2,400万新台湾ドルの資金、トレーニング、および奨学金を提供しました。
  • 私たちはワールドビジョン台湾とのパートナーシップにより、中央アメリカとアフリカの低所得世帯の子どもに対し、教育資金を提供します。
  • 北米では、米国本社がベルビュー ボーイズ アンド ガールズ クラブのスポンサーとなり、また技術関連のスキルと創造性を中高生に提供するTXL(ティーン エクセレンス)センターに協力しています。
  • また、2007年以来、中国北西部の辺境地域、四川省、遼寧省、青海省の低所得世帯の数多くの生徒に奨学金を提供しています。